本文へジャンプします。

@niftyトップ

現在位置:web RIDE>2014年7月

「2014年7月」の記事

コラボ企画

銚子電鉄「ぬれ煎餅駅」とコラボキャンペーン!

02

 
銚子と言えばバイク乗りにもツーリング先として有名なスポット。
そこを走っているのが、今年7月で91周年を迎えた銚子電気鉄道で、
実は、銚子電鉄の社員さんの中にもバイク好き・バイク乗りな方がいらっしゃっいます。
 
ただ、東日本大震災などによる風評被害で観光客が激減し、
自主再建を断念せざるを得なかったのが昨年2月。
 
……いろんな御縁があって、なんとか応援できないかと
昨年、姉妹誌『オートバイ』の女子部の面々が「開業90周年イベント」に参加、
協力頂いた関係各社のおかげもあり、当日は数百名のライダーさんに来て頂き、
中には、「イベントには行けなかったけど、通販でぬれせん買いました!」
と言ってくださった方もいたり……、
ライダーパワーを確かに頂いて、大成功を収めました!
 
その後いろいろありつつも、昨年末には千葉県と銚子市の支援が決まり、
名物のぬれ煎餅を増産して資金を鉄道部門へ捻出すべく、
今年の6月、銚子電鉄のぬれ煎餅直売所「ぬれ煎餅駅」がオープンされました!
 
 03
大変な時に賛同して頂いたたくさんのライダーさんへの感謝の気持ちを表わすべく、
何かライダー特典ができないか……、と話を進めていいたのですが、
つい先ほど、内容がまとまりました!
 
ズバリ、「ぬれ煎餅駅でのぬれ煎餅手焼き体験サービス!」です。
 
これは、普段は有料の「ぬれ煎餅の手焼きサービス」を
1回、無料で体験できるというもので、
サービスを受けるには、月刊『オートバイ』、『東本昌平 RIDE』の本誌、
もしくはこのWEBページをプリントアウトして提示していただければOKです
(記念写真を撮影させて頂くかもしれません)。
 
期間は7月19日〜8月31日まで。
 
04

今まで手焼き体験は同鉄道・犬吠駅での予約制だったのですが、

ぬれ煎餅駅では予約不要です。

 
出来立て熱々のぬれ煎餅は、ひと味違う美味しさです!
ご当地ならではの名物を是非体験しにきてくださいね。
 
 

111

↑この写真は「90周年イベント」にて、
 「オートバイ女子歩」が犬吠駅で
 手焼き体験中のひとコマ。楽しくて美味しいよ。
 
 
↓運転士さんやボランティアの方々が
 君ケ浜駅前にヒマワリの種を植えて、
 そろそろヒマワリ畑も見頃を迎える頃。
 もう少し足をのばしてヒマワリ畑にもお立ち寄りください。

01

 
-----------------------------------------------------------------------------------------
 住所:千葉県銚子市小浜町1753-1
 電話:0479-26-3852
 営業時間:10時〜18時 年中無休
 *国道126号沿いで、建物内には休憩スペースも設置。
  ツーリングやドライブの途中で気軽に立ち寄ってくださいね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
 
ちなみに、銀座線と丸ノ内線の協調運転も必見です!
(↑鉄道好きにおすすめ)
 
 
写真:銚子電鉄/小松信夫

| トラックバック0

編集長便り

【お詫びと訂正】RIDE86 P128の価格表記につきまして

RIDE86におきまして、
以下の記載に誤りがございました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
P128ショッピングページにおける
「RIDEフルスロットルTシャツ」の価格
 誤:「3,5003円+税」
 ↓
 正:「3,500円+税」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
上記の通り訂正させていただきます。
 
読者のみなさまにご迷惑おかけしてしまったことを
スタッフ一同深くお詫び申し上げます。

| トラックバック0

新刊情報

「東本昌平RIDE86」7月15日(火)発売!!

東本昌平RIDE<はるもとしょうへい ライド エイティシックス>が
2014年7月15日(火)に発売されます。
定価:926円+税(税込みで1000円ピッタリです)
*発売日がいつもと異なりますのでご注意ください。
 また、一部発売日がずれる地域がございます。ご了承ください。
 
 
東本昌平プロデュースのバイク本【RIDE86】。
今号の巻頭漫画車両には
HONDA RC30[VFR750R]とHONDA CB1100Rが登場です。
 
今回は「80年代に生まれたホンダ渾身の2台」大特集です。
 
80年代といえば、バイクが劇的な進化を果たした、
奇跡的な10年間です。
その中で、70年代までの進化の集大成とも言える1台が
シリーズ中、“空冷最強”であるCB1100。
そのCBからわずか数年後に生まれた、
“究極のレーサーレプリカ”と言える
RC30[VFR750R]。
歴史上、燦然と輝きを放っているふたつのモデルを、
開発秘話とともに、細部に至るまで徹底的に特集します。
 

Ride86_cover_s_rgb

 
--------------------------------------------------------------------------
 
“激動の時代”を証明する伝説の2台
 
--------------------------------------------------------------------------
 
 
◆ 東本昌平 巻頭漫画
【The Rosy Time】
 
 
◆ 表紙&巻頭車両
 技術者が生み出した究極のレーサーレプリカ
 RC30[VFR750R]
 
◆ 「RC30&CB1100R」大特集
 ◯ 開発陣が語る
  「限りなくワークスレーサーに近い公道用量産車ができるまで」
 ◯ 先端技術が満載。進化の針を進めたRC30
 ◯ パワーだけでなく、車体性能も高めた水冷V4ユニット
 ◯ ワークスレーサーと寸分違わぬディメンション
 ◯ RC30の仕向地ごとの詳細
 ◯ ワークスレーサー、RVF750について
 ● 1100Rへ至るまでの、ホンダCBの道程
 ●RB/RC/RD……3種の“R”を詳細解説
 ●空冷最強CB、走りの実力
 ● CB1100R誕生秘話
  ・初期段階のスケッチ及びクレイモデル、モックアップ
  ・わずか5カ月、超高速開発の陰にあったもの
 ●空冷CB最大のポテンシャル、パワーの源を探る
 ●生産台数と仕向地ごとの仕様について
 
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー  
 
◆ 朱香の日本疾走風流記(番外編)
  素敵で私的な北海道オススメスポットガイド
◆ 絶版希少車黙示録  File.54  YAMAHA TZR125
◆ RIDE集会043@佐世保レポート
……and more!

| トラックバック0